意外!?信用取引の手数料とは

信用取引では売買手数料以外にも手数料がかかる!

信用取引は証券会社などから資金や株を借り、それを元手に運用するという独自の構造を持っているため、様々な面で現物取引との間に違いがあります。コスト面では、通常かかってくる売買手数料以外にも、信用取引をすることでいくつかの費目の支払い義務が生じます。
例えば、買建ての場合は資金を借りることになるため、信用取引金利を支払わなければなりません。その名の通り借金と同じような金利であり、株の保有日数に応じて賦課されることになります。逆に売建ての場合は株を借りることになるので、株のレンタル料が発生します。これも日割りで所定額納付する必要があり、おおよそ決済時に一括して支払う場合が一般的です。信用取引をする場合は、こうした日数に応じてかかるコストに注意しなければなりません。

人気株を売る際に注意しなければならない「逆日歩」

さらに日割りでかかってくる信用取引独自のコストとして、「逆日歩」と呼ばれるものがあります。
材料が出て株価が大きく下がった際、その銘柄に空売り人気が集中することになります。その取引数が急増して証券会社などが保有する株の数を超えてしまった場合、どこか余所から空売りする株を融通しなければなりません。そうした融通が行われる際に支払われる追加の手数料が、逆日歩なのです。逆日歩の支払い構造は複雑ですが、概括すれば、空売りする側が本来買い方が支払うはずの金利を負担していると考えれば、おおよそのイメージはつかめます。
この逆日歩は一般的な金利やレンタル料よりも高額化しやすいため、これが付いてしまうと程なく強制決済させられてしまうことになる場合が多く、常に信用取引の動向には気をつけておく必要があります。