必見!信用取引を利用することによって得られるメリット3選

信用取引は運用効率が良い!

証券会社から資金や株といった有価物を借り、それを元に取引を行うのが信用取引です。この信用取引を行うことで、投資家は様々恩恵を享受することができるようになります。
まず恩恵の一つ目としては、資産の運用効率が良くなるという点が挙げられます。レバレッジ効果により、専用口座に差し入れた委託証拠金の約3倍の規模の取引が行えるようになるため、少ない元手で大きな取引を行えるようになり、より多くの利益を見込めるようになります。
さらに借りた株を売ることにより、株を売った状態から取引を開始できる「空売り」が行えるようになる点も、信用取引の大きなメリットと言えるでしょう。これらの二つの利点により、信用取引を行えば利益獲得のチャンスが広がることになります。

様々なセーフティネットが敷かれている

もう一つ信用取引のメリットとして、投資家を守るセーフティネットが現物取引よりも手厚い点が挙げられます。
信用取引の空売りでは理論上損失は無際限であり、さらに現物取引よりも規模の大きな取引ができるという関係上、リスクも大きいという特徴があります。このリスクによって投資家が身を崩さないように、制度信用取引に取引期限が設けられていたり、現引きといった措置が講じられるといった独自のセーフティネットが存在します。信用取引では禁忌と考えられがちな追証も、実際は投資家の資産を守るための措置の一つだと言えます。
こうしたセーフティネットを生かし、しっかりとした理論に裏付けされた運用を行えば、信用取引は決して危険な取引ではありません。