こんな時代だからこそ!信用取引を利用して賢く投資を行おう

そもそも信用取引とは?

不景気が続き、日本の株価はどんどん下がっています。このような状態では普通の株式投資では利益を上げにくいのが現状です。そんな時にオススメなのが信用取引です。信用取引を利用することで投資の幅が広がり、利益を期待することが出来ます。それでは、そもそも信用取引は何でしょうか。信用取引とは、自分を信用してもらうことで金融機関からお金や証券を借りることで行う取引のことです。自分のお金や証券を担保にすることで、よりたくさんのお金や証券を借りることが出来ます。そのため投資の機会が増えるので利益を得るチャンスが拡大します。信用取引では自分が持っているお金以上の投資が可能になることや、株価が下がっていても利益を得ることが出来るなどの利点があります。

株価が下がっても利益が出せる!

信用取引の利点は株価が下がっていても利益が出せることにあります。信用取引では金融機関から証券を借りることが出来ます。当然その証券の運用も可能です。つまり金融機関から証券を借りることで、売り注文から取引を始めることが出来ます。株価が下がりそうだな、という時に信用取引の売り注文から始め、実際に株価が下がると株の買い戻しを行います。その際の差額が利益となります。一般的な株の取引では、株価が上がりそうな時に注文を入れますが、信用取引を活用することで株価が下がりそうな時にも注文を出して利益を得ることが出来るのです。不況で株価が停滞しがちな現代においては信用取引は非常に強い武器となります。どんどん利用して利益拡大を目指しましょう。

株の信用取引を効果的に行う上で、投資先の将来性の高さやロスカットの方法などをきちんとマスターする必要があります。